« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月19日 (日)

冬の上手な過ごし方

最近本格的に寒くなってきましたね。
風邪などひかれてないですか?
冬は寒さから身を守るためのエネルギーを体の中にたくわえておく季節です。

そんな冬の過ごし方のポイントは
1)身体を温める(きちんと着こむ!)
2)良く眠る
3)腎を助ける食物を積極的に摂る
冬は体内のエネルギーが外に出ないように毛穴が閉じています。薄着で部屋を暖かくしすぎると毛穴が開き、その状態で外に出ると風邪(ふうじゃ)が体内に入りやすく、いわゆる「かぜ」の症状を引き起こします。
次に冬はエネルギーを溜めないといけない時期。
動物の冬眠と同じです。
四季の中でも一番しっかり睡眠を取らないといけない時期です。
最後は、冬場は腎にエネルギーが溜められるため
働きが活発になります。
この腎は冬に体を動かす調整をしています。
しかし寒さの中に潜む邪気(じゃき)である「寒邪」は腎を傷付けやすいのでこれをいたることで冬を上手に乗り切れるのです。
腎を補う、穀類やにんじん、大根、イモなどの根菜、体を温める生姜やサツマイモやエビなどでしっかりとエネルギーをたくわえ、寒い冬を乗り切りましょう。

忘年会やお正月、新年会とイベントの多い季節ですが、食べ過ぎ、飲みすぎには充分注意してくださいね。

2010年12月15日 (水)

日本人は奇数が好き?

「五臓六腑にしみわたる」
って聞いたことありますか?
東洋医学では、あらゆる物を5つに分ける「五行学説」という考え方があります。
西洋文化では、2で割り切れる数の食器のセットや、シンメトリー(左右対称)がよしとされてきました。
一方東洋、特に日本では、奇数のショッキのセットやアシンメトリー(非対称)が素敵だとされて、生け花やそのほかの文化に取り入れられてきました。
東洋医学も、「五味」や「五臓」「五志」などなど、5つに分けるのが好きなようです。
割り切れないものの、その微妙なバランスに日本人は昔から何故か惹かれるんでしょうね。
その5つによって作られる五角形がバランスをとり、きれいな五角形を作ることで健康を維持できると考えられます。
西洋医学の白黒はっきりする強引なやり方ではなく、東洋医学の微妙なバランスやグレーな感じを良しとする感覚を持つ繊細な思考は、「わびさび」を感じる事の出来る繊細な日本人にはとてもしっくりくるのではないでしょうか?
今後も、東洋医学のよさを少しでもお伝えできればと思いますhappy01

2010年12月14日 (火)

SAKURAが2店舗ともリニューアルしました(^0^)♪

Chanomarogo Sakuracaferogo2Cafe Dinning SAKURA今泉店は9月より「SAKURA CAFE」に、

Cafe Dinning SAKURA大名店は10月より「CHANOMA CAFE」に

内装やメニューをさらにパワーアップし、リニューアルしましたshinehappy01

無事完了しましたのでご報告ですnote
新しくなってさらに居心地の良い空間になっていると思います。
是非遊びに来てくださいねsign03

もちろん「薬膳火鍋」ありますよーhappy01

shine

最近の写真