« 冷え撃退法 その3「摂」 | メイン | 3/4(金)西日本リビング新聞セミナーの御案内 »

2011年2月10日 (木)

チョコ作りの失敗しないコツ

もうすぐバレンタインheart04
手作りチョコを好きな人やお友達にあげる予定の人も多いはず♪
うちのカフェでも、先日からバレンタインまでの間、
お客様にミニチョコをプレゼントしています。

手作りの経験がある方は、
固めると表面に白い線が現れたり、ぱさぱさとした食感になったり・・・
と苦い思いをしてや-めた!なんて事になった方もいるのではsign02

さて今回は、簡単に見えて難しいチョコ作りの失敗しないコツについてです。
コツは大きく2つ。

1)温度管理
チョコを溶かす時の温度は仕上がりの見た目や口溶けに影響します。
チョコのカカオ分によっても異なりますが
湯せんで40℃に温め、水に替えて27℃以下に冷やします。
その後、再び湯せんで30~32度に温める。
ゴムべらと温度計をひもなどでくくりつけて一体にしておくと、温度が管理しやすいですよ。
溶かす前にチョコを均等に刻んでおくことも大切。

◆生チョコの場合
温めた生クリームをチョコに少しずつ加えて、滑らかになるまで丁寧に混ぜて乳化させることが大切です。生クリームは熱し過ぎるとチョコと混ぜたときに分離してしまうことがあります。チョコによっても異なりますが、なめらかにしたくても生クリームの目安はチョコに対して半量以下。

2)水厳禁!
湯せんの水がうっかり入らないようにしっかり固定して!

最後に必殺技をひとつ。good
どうもこうもならない時には、ココアパウダーでコーティングすれば、見た目も味も結構ごまかせますsmile

では皆さんのハッピーバレンタイン報告を楽しみにしていますheart01

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/494977/25967226

チョコ作りの失敗しないコツを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真