« 発言の影響 | メイン | 豊かさの象徴 »

2011年3月21日 (月)

憧れの人

大好きで尊敬にやまない人は何人かいますが
その中でも特に大好きな姜尚中(かんさんじゅん)さん
の講演会へ行ってきました。

出身高校は、姜さんは済々黌高校、私は熊本高校と異なるものの
彼は私と同じ熊本人。
とても自慢の先輩です。

「日韓の明日を語る会」
という韓国と日本の交流イベントの一つでした。

交流会という事で日本からの出しものと、
韓国からの出し物がありました。

日本の子供たちの本当に澄み切った歌声での
「ふるさと」
涙が止まりませんでした。
とても純粋なものを前にすると無条件に心を奪われます。
今回の災害において、
この期に及んでも大人たちは利己的に動く人も沢山いる中
子供たちの澄んだ「ふるさと」のメロディーは
私の心にしみわたりました。

色々言っても日本が大好きなのです。
ふるさとだから。

その大切な故郷が今大変な事になっています。

実際、今回のイベントでも、
韓国から来福する予定の人がしり込みされ、
実際に来られたのは1/3ほどの6名だけでした。
でも、福岡に来て素晴らしい演技を披露して下さった6名の方たちには
本当にありがたい気持ちでいっぱいになりました。
日本を励ましたいと、風評をも気にせずに来てくれた。

本当にありがとう。
一卵性双生児の様な韓国と日本。
過去を乗り越え、今こそ一体になれるのではないかと
私も期待します。

姜さんの講演はとても素晴らしかったです。
次回にでもちょっとお話出来たらと思います。

ツイッター http://twitter.com/#!/sakurachanoma ホームページ http://sakura-cafe.cc/ http://chanoma-cafe.cc/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/494977/26183772

憧れの人を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真