住まい・暮らし Feed

2011年1月11日 (火)

1月11日は鏡開き もち米で体ぽかぽか

「鏡開き」は、もともと新年の仕事・行事初めの儀式の一つです。
「鏡」は円満を、「開く」は末広がりを意味します。

年の始めに鏡餅を供え、一年の健康と発展を祝って供えた鏡餅を食べる『鏡開き』が今でも、正月の行事として受け継がれています。

もち米は体を温める食材で、冷えるこの時期にはとてもお勧めの食材です。

今日は鏡開きにちなみ、SAKURACAFEもCHANOMACAFEも白玉団子を無料サービスしました(^-^)
皆さんも、お餅を楽しみましたか?

2011年1月 7日 (金)

1月7日は七草がゆ

七草。
せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろの七種の野菜です。 

この七草がゆの風習は、平安時代から行われてきているそうです。
お正月にたまった邪気を追い払い、一年の無病息災を願うものです。
七草を食べるだけで無病息災が手に入るのならこんなに簡単な事はありませんよねsmile
おかゆを食べる事で、お正月という特別なイベントで乱れた食生活を見直したり
自分の体を大事にする事を思い出すきっかけになる大事なイベントだと思います。

ちなみに、秋の七草もあります。
春の七種と違って、秋の七草に直接何かをする行事は特にありません。
秋の七草は、それを摘んだり食べたりするものではなく短歌や俳句をを詠み眺めて楽しむことが、古来より行われていました。

日本人って本当に風流ですよね。

ちなみに昨日6日と今日7日は
SAKURACAFEとCHANOMACAFEで薬膳火鍋の〆に雑炊を頼まれた方に
七草のトッピングを無料サービスしていますsign03
是非薬膳七草がゆでデトックスしませんか?

Photo_2

最近の写真