漢方の基礎知識 Feed

2010年12月15日 (水)

日本人は奇数が好き?

「五臓六腑にしみわたる」
って聞いたことありますか?
東洋医学では、あらゆる物を5つに分ける「五行学説」という考え方があります。
西洋文化では、2で割り切れる数の食器のセットや、シンメトリー(左右対称)がよしとされてきました。
一方東洋、特に日本では、奇数のショッキのセットやアシンメトリー(非対称)が素敵だとされて、生け花やそのほかの文化に取り入れられてきました。
東洋医学も、「五味」や「五臓」「五志」などなど、5つに分けるのが好きなようです。
割り切れないものの、その微妙なバランスに日本人は昔から何故か惹かれるんでしょうね。
その5つによって作られる五角形がバランスをとり、きれいな五角形を作ることで健康を維持できると考えられます。
西洋医学の白黒はっきりする強引なやり方ではなく、東洋医学の微妙なバランスやグレーな感じを良しとする感覚を持つ繊細な思考は、「わびさび」を感じる事の出来る繊細な日本人にはとてもしっくりくるのではないでしょうか?
今後も、東洋医学のよさを少しでもお伝えできればと思いますhappy01

最近の写真